静岡県で外壁塗装、屋根塗装業者をお探しなら当社まで。塗料の説明から致します。

塗料について

「塗料ってどれも同じじゃないの?」

塗料には実にさまざまな種類があり、それぞれに違った特徴・性能があります。価格の差もあります。
耐久年数も差があり、決してどれも同じというわけではありません。
思い描くイメージ通りの仕上がりにするためにも、その家その家に合った塗料選びが必要なのです。

「塗料にはどんな種類があるの?」

塗料に使われる原料には樹脂、溶剤、顔料などがあります。特に樹脂は外壁の表面に膜を作るための重要な主成分です。 この樹脂の膜の強さと耐久性が値段の差です。
塗料の耐久性は樹脂の系統によって左右され、
大まかには アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素 の4種類に分けられます。

また、新しい塗料として光触媒塗料というものもあり、従来の塗料には無い様々な機能を持っています。
しかし、新しい商品ですから、まだその性能の実証が確率されていませんから除外します。

「種類によって何がどう違うの?」

塗料は基本的に上で挙げた アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素 の4種類に分けられ効果が異なります。
価格、耐久年数のほかにも防水性、防カビ性、防汚性、遮熱性、断熱性などの違いがあります。
一番安い塗料は18ℓ缶1缶で¥5,000円以下、高価な塗料では¥10万円を超えるものまであります。

一概に高い塗料がベストというわけではなく、塗装現場に合わせた塗料を選ぶことが必要です。
ただし、高くなるにつれて耐用年数に差が出てきます。
外壁塗料アクリルウレタンシリコン(汎用品)シリコン(高級品)フッ素
塗替え目安6〜9年8〜10年9〜11年10〜12年15年
標準価格40万円台50万円台60万円台70万円台80万円台
防カビ・防藻
防汚性能
水性or溶剤水性・溶剤溶剤水性・溶剤水性・溶剤水性・溶剤
防水性能
大気浄化
※価格は床面積25坪のお住まいを基準として算出していますが、形状や下地の状態、立地条件により異なります。

「我が家にぴったりな塗料はどれ?」

一般的にアクリルで7年、ウレタンで10年、シリコンで15年が塗料の寿命となります。
フッ素塗料は高寿命ですが、マンションやビル用だと思ってください。
ですから、出来るだけ長く持たせたいならシリコンになりますし、7年したら塗り替えるのならウレタンで十分ということになります。

しかし、やはり塗装工事は10年は持たせたいということで、主流はシリコンとなります。
費用的に考えると仕上げの塗料代金そのものではアクリルとウレタンで1.5倍以上アクリルとシリコンでは2倍近く違います。しかし、塗装工事を実際に行う場合には、足場や下地処理が必要です。そういった費用はアクリルであろうとシリコンであろうと同じです。
塗料の種類を変えたとしても、塗り替え総費用は15から20%の違いになります。
それに永い目で見ると“保ち”が歴然と違いますから、費用がかさむことはありません。
そういった意味でも、最低ウレタン以上をお勧めします。

弾性(ゴム)塗料もお勧めです

樹脂の種類と耐候性
上記の4つの塗料のほかに、最近人気のあるのが弾性塗料というものがあります。

これは、表面がゴム質で出来ているので、若干の収縮性が塗料自体にあります。
モルタル壁やサイディングの継ぎ目などはどれだけ下地処理を念入りにやっても亀裂が入る恐れがあります。

しかし、この弾性塗料だと、弾力があるので、表面にひび割れが起きにくいという利点があります。
弾性塗料も、アクリル系、ウレタン系、シリコン系とあります。

非常にややこしいと思いますが、整理をしますと、シリコン系の弾性塗料を塗っておけばひび割れの恐れもなく、15年は持つので一番のお勧めです。しかし、値段は高いです。
施工前 施工後
〒411-0804
静岡県三島市多呂205-14
TEL: 055-984-4577
FAX: 055-984-4578
営業時間: 8:00〜20:00
営業日: 年中無休